フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとは
私たちには、誕生日やお祝い、お見舞い、お悔みなど、事あると毎にお花を贈る習慣があります。
そして以前から、お茶、お花、お香等の伝統文化の世界でも季節ごとにお花は使われてきました。

それぞれのシーンで選ばれるお花に違いがありますが、それは私たちの心が、お花から嬉しさや華やかさ、穏やかさや静けさなどのメッセージを感じているのではないでしょうか?
お花にはそれぞれ色や形、季節や育つ場所等から、働き(メッセージ)があるようです。

フラワーエッセンス
オーストラリアの原住民アボリジニは、心身の不調を感じた時、森の中に分け入って、花に手をかざし、メッセージに耳を傾けたといいます。
また、日本でも、修行中の僧侶がお花の朝露を入れた水を身体にかけて、修行していたそうです。

人も自然の一部としてお花のエネルギーをいただいていたのです。
そしてそれが、今ある 『フラワーエッセンス』 の始まりです。
フラワーエッセンスは、世界で使われている自然療法のひとつです。

その後、1930年代にイギリスの著名な細菌学者であり、ホメオパシーの医師でもあったエドワード・バッチ博士がフラワーエッセンスを花療法として確立しました。
バッチ博士は長年の臨床経験から同じ病気に対する治療法でも患者さんによって結果や反応が違うという臨床経験から、患者さんの性格別に対応する薬を開発します。
そして心や感情のバランスを整えることが身体の健康にもつながるという考えから
マイナス感情をを38種類に分類し37種類の野生の花と、1種類の岩清水からなる38種類のフラワーレメディーを完成させました。

フラワーエッセンスは、誰もが持つマイナスな感情に働きかけることで調和をもたらし、心にある良い面を輝かせ本来の輝きを取り戻すサポートをします。
フラワーエッセンスの働きと特徴
フラワーエッセンスは、お花や植物のエネルギー(波動)をお水に転写(記憶)したエネルギー水(波動水)です。
フラワーエッセンスにはお花そのものは含まれていませんのでお花の味や、香りはありません。
保存料として含まれる、ブランデーやお酢等の香りや味がします。
フラワーエッセンスはお薬ではありませんので即効性はありませんが、
とり入れることで、さまざまな心(感情)の変化を感じることができます。

副作用や習慣性がありません。
フラワーエッセンスは医薬品ではありませんので、身体的な病気や病状に直接作用するものではありません。
副作用や習慣性ががありませんので気軽に安心してお飲みいただけます。

お薬と併用できます。
お薬と変容することにより、病気や身体に対する不安を和らげるようサーポートします。
花の持つエネルギーが摂る人の感情(心)に働きかけ、心のバランスを取り戻すことによって、自然治癒力をもたらしたり、病気による不安心の落ち込みを和らげるようサポートします。

気軽に安全に使えます。
フラワーエッセンスはお花のエネルギーを転写したお水ですので害がありません。
赤ちゃんからお年寄りまで安心してどなたにも安心してお使い頂けます。
必要のないエネルギーを摂った場合は作用せず身体の外へ流れ出てしまいます。

ご自分を知り、夢や希望を叶えるツールに
その時々の状況や心の状態、感情にあったフラワーエッセンスを選ぶことにより、心の癖をやパターンを知ることができます。
フラワーエッセンスを日常に摂り入れることで心の癖やパターンを生かし、心の良い面を引き出し、本来のご自分を輝かせます。また、その方が持っている可能性(隠れた一面)に働きかけ、引き出すことをサポートします。

フラワーエッセンス
フラワーエッセンスの種類
バッチフラワーレメディ
バッチフラワーレメディバッチフラワーレメディは、英国の医師エドワード・バッチ博士が発見、
体系化した、「こころのケア」をするための伝統的な植物療法です。
完成された1936年より今日まで、英国をはじめ世界各国で愛用されています。
38種の植物から採取されたエッセンスを「飲む」ことで様々なコンプレックスや
怒り悲しみなどのマイナス感情、ネガティブ思考などを穏やかに鎮め、
バランスのとれた感情状態をもたらします。
フィンドホーン
フィンドホーンフィンドホーンとは、英国スコットランドの北部にある
「Findhorn Foundation=フィンドホーン財団」という生活共同体です。
1962年1台のキャラバンカーに住む6人から始まり、現在は約400~500人が
「内なる神に従うこと」と「自然との協調」を実践しています。
初期の頃は「自然との協調」により、貧弱な砂地に18kgのキャベツや
27kgのブロッコリーがとれ、奇跡の土地として有名になりました。
その後ニューエイジ運動の中心的存在として多くの人達を育て、
さらに自然と調和した家=エコハウスや都市を自然と共同創造する「エコビレッジ計画」を
世界中に推し進め、国際的な注目を浴び、国連設立50周年に
平和活動に実績ある共同体として表彰され、
1998年1月には国連からNGO(非政府組織)として正式に認可されました。
パワーオブフラワーヒーリングエッセンス
パワーオブフラワーヒーリングエッセンスパワーオブフラワーヒーリングエッセンスは、
エッセンスプロデューサーのイーシャ・ラーナーが創設した、
フラワーエッセンスのブランドです。
1970年代よりフラワーエッセンスの研究を続け、1976年から1980年まで
フィンドホーンのコミュニティーに在籍していました。
イーシャ・ラーナーが、エッセンスを作るのにふさわしい花を求めて
7年間に渡って探索の旅をし、すべての条件を満たした
主にアメリカのオレゴン州カスケード山脈やハワイ諸島、
アメリカ南西部の砂漠の牧草地に自生する野生の花から作られました。
スターエッセンス
スターエッセンス創始者は、『スター・リパレッティ』
スターエッセンスは、自然とのパートナーシップを元に創られた、優しい癒しと変容の療法ですので、
子供、動物、植物など、誰にとっても安全です。 また、エッセンスは自分自身の内なる自然な癒しを助けます。 現在、花・鉱石・動物などから創られた160種類をこえるエッセンスがあり、その中でも、
マチュピチュの聖地で咲き誇るランの花のエッセンスは、素晴らしい癒しのパワーを与えます。 スターエッセンスは、多くの医療関係者がヒーリングのサポートとして現場で使われています。
アルケミーエッセンス
アルケミーエッセンスアルケミー(錬金術)エッセンスは、クライアントの目的に応じて、オーダーメイドで作成する宇宙でたった一つのオリジナルエッセンス。 クライアントの魂の叡智及び宇宙の存在とチャネリングして、アルケミー(錬金術)により、エネルギーをお水に転写したカスタムボトルを作成いたします。
チャリスウェル
チャリスウェルエッセンスチャリスウェルエッセンスは、バランス、強さ、グラウンディングおよびハートを開く事を促進し、あなたの癒しの旅をサポートします。
チャミスウェルエッセンス発祥の地は、イギリスのグランストンベリー。
グランストンベリーの丘のふもとに「チャリスウェルガーデン」があります。
この庭園の一番奥にあるのが、イギリスでもっとも古い聖なる井戸の一つ、チャリスウェル(聖杯の泉)です。

▲PageTop